恩智川 グリーン・リバープロジェクト

3月16日

恩智川一斉美化活動がおこなわれました

大東市

松の鼻橋~南新田橋(10:00~12:30)

恩智川一斉美化活動_大東市

恩智川の最下流にあたる大東市。草刈りチームは9時半頃から、そのほかの方は10時から美化活動がスタートしました。河川敷の草は刈っても刈ってもきりがないそうで、地元の方から「活動の一週間ほど前に一度刈って、それを集めるようにした方がいい」とのご提案をいただきました。
地元で活動されている方々には今まで培ってこられた様々なノウハウがあります。そのノウハウと行政の力がより強固に結ばれれば、活動ももっとスムーズに行われるように思います。

恩智川一斉美化活動_大東市

恩智川一斉美化活動_大東市

来場されている方たちは、地域のアドプト団体さんと企業の方がメインとなり、自身で興味を持って参加してくださった方が多かったです。市報だよりを見て、という方も多く、以前から川の水が汚いのが気になっていたという方や、いい活動なので参加してみましたという方、初めて活動に参加されたという方もいらっしゃいました。

恩智川一斉美化活動_大東市

また大東市では、深野ポンプ場の屋上芝生広場にて、大阪産業大学の吹奏楽部による演奏会もおこなわれました。各楽器ごとの音色をひとつずつ聴かせてもらえたのが楽しかったです。昔使われていた「水車」や川で物を運んでいた「舟」の展示があり、大東市の歴史資料博物館の学芸員の方に解説していただけるコーナーもあり、川に関する歴史に触れることができました。

恩智川一斉美化活動_大東市

トップに戻る

東大阪市

加納東公園(10:00~12:00)六ノ坪橋~三池橋(10:00~12:00)

恩智川一斉美化活動_東大阪市

10時すぎまで道路沿いの落ち葉を清掃したり、河川敷の空き缶やビニール、ガラスの破片などを清掃しました。

恩智川一斉美化活動_東大阪市

恩智川一斉美化活動_東大阪市

清掃後、恩智川の歴史について行政の方からお話がありました。花園公園の地下に治水場があることや、浮遊油の駆除ネットの清掃状況などについても説明がありました。

水質調査(パックテスト)もおこなわれ、予想以上の汚れ度合いにとても驚きました。また、家庭排水として流してしまいがちな醤油も、水質悪化の一因になっているということを知りました。川の歴史や現状を知ることで、美化意識の向上につながる気がします。

恩智川一斉美化活動_東大阪市

恩智川一斉美化活動_東大阪市

水質調査後には、災害時に必要となる土のうをつくる体験もありました。行政スタッフの指導のもと、参加住民でグループに分かれてつくります。その後、土のうを運ぶリレーもおこなわれました。美化活動に加えて、防災についても考えられる良い機会となりました。

恩智川一斉美化活動_東大阪市

トップに戻る

八尾市

高安西地区(13:00~15:00)東山本地区(9:30~11:00)
上之島地区(10:00~11:00)北山本地区(10:00~11:00)

恩智川一斉美化活動_八尾市

八尾市では、高安西地区・東山本地区・上之島地区・北山本地区の4箇所で美化活動が行われました。 河川内や周辺の側道、治水広場での清掃のほか、東山本小学校の生徒によるリバーサイドギャラリー(「恩智川」がテーマのポスター展示)があったり、アドプト団体の方が中心となっておこなわれた、花の苗の植え替えなどがありました。

恩智川一斉美化活動_八尾市

東山本地区まちづくり協議会の高山会長が、「八尾市は恩智川の中間地域。上から流れてきた川の水を、きれいな状態で下流に届けるという気持ちで生活をすることが大事です」と、東山本地区の開会式で語られていたのが印象にのこっています。山本小学校区まちづくり協議会のキャラクター「山本まげっぱ」も登場。愛らしい姿は見ているだけでなごみます。

恩智川一斉美化活動_八尾市

川の中に入っての清掃では、長靴を履いていても濡れてしまう方がたくさんいらっしゃいましたが、皆さん一生懸命に最後まで清掃活動をされていました。缶やビニールといった小さなゴミから、炊飯器や毛布、自転車などの大きいゴミも引きあげられていました。

恩智川一斉美化活動_八尾市

恩智川一斉美化活動_八尾市

美化活動をするにあたり、八尾市では自治会の呼びかけが中心となっておこなわれましたが、中には、川沿いに立てられていたのぼりを見て参加したという高校生の女の子たちや、散歩の途中で美化活動を目にし、その場で参加を決めたという方もいらっしゃいました。その自主的な行動にうれしく思います。

恩智川一斉美化活動_八尾市

恩智川一斉美化活動_八尾市

東山本地区では、子どもたちの手によって橋の上から微生物を混ぜた砂だんごが川に放り投げられました。このだんごは、事前に東山本小学校の2年生の生徒さんたちに作成してもらったものです。清掃後の疲れを感じさせないぐらい、明るく元気な表情で楽しそうに投げ入れていました。

恩智川一斉美化活動_八尾市

トップに戻る

柏原市

法善寺橋~大県橋(9:30~12:00)

恩智川一斉美化活動_柏原市

恩智川の上流にあたる柏原市では、川の中や周辺の清掃、子どもたちが中心となって学べる水質調査と生物調査がありました。

恩智川一斉美化活動_柏原市

恩智川一斉美化活動_柏原市

川底に降りる足場から入り、清掃を開始。八尾翠翔高等学校の野球部の学生さんたちが15名ほど参加されており、意欲的に川の清掃に取り組む姿が印象的でした。
また、お米のとぎ汁に微生物(乳酸菌や酵母)を加えて発酵させた水(浄化作用があるとされています)も用意されており、「川をきれいに」のかけ声とともに、一斉に川へ流されました。

恩智川一斉美化活動_柏原市

水質調査では、COD(酸素消費量)の含有量で水の汚れを大まかに知ることができる「水質調査キット」を使って、「恩智川の水」「大和川の水」「シャンプーの水(生活排水)」の違いを実験しました。生活排水が流れ込むと、かなりひどい汚れ方をすることが分かりました。各家庭でなるべく流さないような工夫をすることが必要だなと思いました。

恩智川一斉美化活動_柏原市

生物調査では、川底のぬかるみに苦戦しながらも、仕掛けに入っていたオタマジャクシや小さな魚に興味津々の子どもたちの姿が見られました。その様子を見守る親御さんたちも皆さん笑顔で、賑やかで楽しい時間となりました。

恩智川一斉美化活動_柏原市

また、「来年は参加者が倍になるように続けていきたいです」と、八尾土木事務所の方が語っておられ、恩智川に対する熱意を感じました。

トップに戻る

美化活動の終了後には各市ともに共通の、5つの質問が書かれたボードにシールを貼って答えるアンケートが用意されていました。予想以上の参加者の数に、シールが足らなくなってしまう会場も。たくさんの意見が集まると同時に、美化活動を終えた皆さんの笑顔が印象的でした。
美化活動当日まで中心となって動かれていた方、参加していただいた皆さん、ありがとうございました!